記者が歩いたみちのくの四季

東北の食 山形

東北は景色や温泉もすばらしいですが、やはり食べ物の魅力は大きいでしょう。「名物にうまいものなし」などといわれますが、各地でさまざまなものを食べましたが、おいしいと思ったのは「名物という名の名物」ではなく、地元で普通に食べているものの方が多かったように思います。今回から、各県でみつけた「味」を紹介しましょう。

まずは、山形県からです。

自分がそば好きだから、ということもありますが、山形に行ったときは県内どこへ行っても、必ずそばを食べます。「板そば」を始めて食べたのは、山形市内の老舗でした。営業の山形県担当に「まず、ここのそばを食べてみないと」と、連れて行かれました。そばにも、そば粉の種類によって、いろいろあるのもしりました。山形県内を車で走っていると「そば街道」の文字をよく見ます。そばに誇りをもっているということでしょう。「手打ち」と銘打っていれば、飛び込みで入った店でも確実においしかったので、東京の駅にあるそば屋に慣れている身としては、こんな恵まれた環境はありません。

忘れてはいけないのが「だだ茶豆」。これも、私の大好物で「枝豆ならバケツ1杯は食べられる」というのがウリです。枝豆の中でも最高峰のだだ茶豆が「普通に」食べられるのも、うれしいところ。最近では東京でも冷凍食品でだだ茶豆がありますが、冷凍のだだ茶豆がこれも「普通に」売っているのは、2重の喜びです。  そばにだだ茶豆があれば、もう酒のつまみに苦労することはありません。

でも、やはり「海の幸」も捨てがたいところです。「岩ガキは山形産が一番おいしい」という評判をききつけて食べてみましたが、評判通り。ただ、そんなに多くの岩ガキを食べたことがないので、どこかと比較するということはできないのですが、プリプリ歯ごたえがあるのは、養殖のカキとはひと味違います。

最後に紹介したいのが、山形市内の和食店でいただいた「アラ」。ハタの一種の巨大魚で、めったにとれないので「幻の魚」といわれています。相撲の担当記者をしていたころ、九州で1度、鍋を食べたことがあります。地方によっては「クエ」とも呼ばれています。初冬の一時期ですが、山形では刺身まで食べました。白身は淡白でやわらかく、ちょっと特徴がない感じはしましたが、そこは希少価値だけに、しっかり味わいました。やはり、鍋にするとその「幻の味」ぶりがよく分かります。  山形はどうも、酒がすすんでしまいます。