記者が歩いたみちのくの四季

東北の食 福島

北海道生まれの私にとって、福島は故郷を思い出すものが食べられる県なのです。

まずは、浜通りで味わったものから。「イクラ」といえば、北海道の名物と思っていましたが、実は福島も「はらこ飯」というイクラ丼は名物でした。しかも、北海道と違って「親子丼」にしてしまう豪華さ。ご飯の上にのっているのは、いくらだけではなく、鮭の切り身ものっているのです。これには、一本とられた感じです。こういう食べ方もありだよなあ、と、ほどよく漬かったイクラと、脂ののった鮭の両方を堪能できるのはぜいたくです。

貝で、よく食べていたのがホッキ貝。これも福島・浜通り名物の1つです。刺身か、単純に焼いて醤油をたらして食べるのが好きですが、やはりこちらでも同じようにして食べさせてくれます。聞けば、ホッキ貝の水揚げは日本でもトップクラスとか。そうそう、ホッキ貝を炊き込んだ「ホッキ飯」というのも美味ですので、お試しを。

これは北海道ではとれませんが、浜通りにきたら一度は食べたい「メヒカリ」。実は東北に赴任直後、地方新聞にいわきの水族館「アクアマリン」でメヒカリの飼育に成功したというニュースが写真とともに大きく掲載されました。その青い魚体の深海魚に釘付けになりましたが、そのときは食べられるものだとは知りませんでした。いわきの和食店で、初めて食べたメヒカリは、から揚げでした。天ぷらや、塩焼きというのもあります。淡白で、北海道で言えばししゃものような味わいでした。たぶん福島でしかとれない魚でしょうから、ぜひどうぞ。

会津では、なぜか、棒鱈(たら)という文字がお品書きにあります。鱈といえば北海道、しかも棒鱈まであるとは。海から遠い会津では、こうした海産物の加工品が持ち込まれ、代表的な郷土料理になったそうです。会津で鱈にめぐり合うとは思っていませんでしたし、じっくり煮込んだ棒鱈煮を肴に、会津の地酒が進むことは請け合いです(私がそうでしたので)。もうひとつ、なんとニシンも郷土料理に使われていました。ニシンの山椒漬というものです。身欠きにしんを使っているのですが、身欠きにしんといえば、子供のころの主菜でしたので、これも懐かしく食べました。

残るは、ラーメン。これはいわずとしれた喜多方なのは、ご存じでしょう。サッポロラーメンの基本は味噌スープで、こちらは醤油が主ですが、太い縮れ麺はサッポロラーメンと似ています。スープの違いからでしょうが、サッポロは麺が隠れるほどモヤシなど野菜が覆っていますが、私が入った喜多方の店ではチャーシューがこれでもかと、麺が見えないぐらいのっています。

こんな具合に、福島での食事は意外にも北海道を連想させることが多かったのが、印象的でした。