記者が歩いたみちのくの四季

東北の食 青森

これからがいい季節でしょうか、八戸のイカは。

支局があった青森、印刷工場がある弘前に行くことが多かったので、八戸は新幹線から在来線への乗り換え駅として利用するのがほとんどでした。駅の土産売り場には、イカを使ったものがさまざま売られています。イカの水揚げ日本一の港だけに、当然といえば当然ですが、やはりイカは刺身が一番おいしいのではないでしょうか。

八戸のお隣、三沢にお邪魔したときです。連れて行かれた和食店で「きょうは入ってるよ」の声で、出てきたのが、イカの活け造り。出された瞬間、何かよく分かりませんでした。濃い色の器に盛られてきたのですが、なんと、透明だったからです。よく見ると、輪郭が分かり、眼や足がまだ動いているのがわかります。これほど、新鮮なイカを食べられるのは幸せです。というのも、これほど「透明」ではありませんが、生まれ故郷の北海道で、日常食べていたイカはある程度の透明感がありましたが、東京で普通に食べるイカは白いイカでした。種類や生きのよさ、値段など関係しているのでしょうが、やはりイカは透明感。東京あたりではイカ刺しはたいていわさびで食べるのですが、久々に北海道でやっていたようにしょうが醤油でいただきました。口の中に吸盤がくっついたりと、活け造りを堪能しました。

青森の海産物といえば「七子八珍」でしょうか。7種類の魚卵系「七子」のうち、たらこ、すじこ、ぶりこ、ましらこ(たらの白子)までは過去も含めて食べましたが、このこ(なまこの子)ほたてのこ、たこのこは口にできませんでした。珍しい海の幸8品「八珍」は、ほや、なまこ、がさえび(しゃこ)、くりがに、うに、しらうおはこれまでに食べたことがありますが、新たに食べたのがふじつぼ。「ふじつぼって岩にくっついているやつ?」「深いところで採れるもので、けっこうでかいよ」と、食べに連れて行ってくれた友人。そのとおり、子供のこぶしぐらいあって、中をほじくって食べましたが、味は…何に似ているんだろう。エビ・カニの仲間とのことです。八珍のあと1つ、さめは「あぶらざめ」とかいう種類だそうですが、これは食べる機会がありませんでした。

鍋好きなのですが、青森では「汁物」が多彩でした。賽の目に切られた大根や人参などの根菜に山菜、豆などが入った「けの汁」や、味の薄い南部せんべいを浸してある「せんべい汁」など、酒席の締めにいただくとおいしいと思いました。うにとあわびという豪華食材を使った「いちご煮」は、缶詰のお土産をいただきましたが、実際に店で出来たてを食べるとさぞや…という味です。

最後に、やはりリンゴ。リンゴを使ったおみやげ物の種類のなんと多いことか。でも、やっぱりリンゴは丸かじり。しかも、大きいので食べごたえがあります。甘味があるりんごが多いのですが、ちょっと酸味があって水気が多いほうが、私は好きでした。りんごが酒にあうというのも、青森での発見でした。